全ては環境づくりから|女性のための育毛シャンプーが登場

男の人

薄毛になりやすい体質

男性医師

遺伝子検査の有用性

AGAは遺伝による影響が大きく、5アルファリダクターゼと呼ばれる細胞が男性ホルモンをDHTに変化させることで症状が進行します。この細胞を遺伝子検査で調べることが、大阪のAGAクリニックでは可能です。このリスク遺伝子検査によって、自分がAGAになりやすい体質かどうかが分かります。検査方法は頭の左右の生え際や頭頂部などから数本の髪を採取し、遺伝子を検査します。検査で5アルファリダクターゼの値が高い場合は、AGAのリスクが高い可能性があります。その場合でも生活習慣の改善といった対策が早期に打てます。遺伝子検査の結果に基づいた治療を提供しているAGAクリニックも大阪にはあるため、頭髪や頭皮が気になる場合は、早めに検査を受けるのも良い対策テクニックです。

治療のタイプを知っておく

同じ大阪のAGAクリニックであっても、実はそれぞれの得意分野は異なってきます。大きく分けてAGA治療のタイプには植毛治療と薄毛治療、発毛治療があります。植毛治療は即効性のある治療で、頭髪の薄い部分に直接毛を移植してカバーします。薄毛治療は抜け毛の進行を止める治療で、現状維持が目的です。そして育毛治療は毛根を成長させて再び毛を生やすことを目的としています。大阪ならばこの3つの治療のどれも受けられるので、自分の頭髪や頭皮の状態に応じて、治療法を選ぶ工夫がとても重要です。どれが良いか判断が難しい場合は、医師などに相談をするのが得策です。複数の治療を組み合わせることも、大阪ならば容易です。薄毛治療をしつつ、発毛治療もAGAクリニックで受けるといったこともできます。